日刊メルマガ
「優先順位のツボ」MAILMAGA

優先順位が変わると人生が変わります。
「仕事」「趣味」「子育て」と自らの体験をお伝えする日刊メールマガジンです。
ぜひご登録ください。

購読申し込み

バックナンバー

段取りで決める3つのポイント

一日の段取りをするということは、「何を、いつ、どのぐらい」という3つを決めることです。要は、時間に仕事を割り振るということですね。例えば、資料作成を9時から2時間行うと決めておけば、その時刻になったら始めるだけ。スケジュール帳の9時から11時に線を引っ張り、その他の仕事が入ってこないようにブロックします。

重要な判断の前に全体像を把握しよう。

仕事柄、創業のご相談は少なくありません。しかしながら、やるべきことはたくさんあります。勝負する分野やサービスはともかく(これすら決まっていない人もいますが)、資金調達、事業計画、情報発信、税務や労務といった法律も学ばなければなりません。しかしながら、ほとんど全ての相談者は、課題の整理ができていません。

時間の概念は人類最大の発見だと思っています。

私は人類の大の発見(発明?)は「時間の概念」だと考えています。今月は17本の登壇を予定していますが、そのうちの5本がタイムマネジメントに関するものです。90分から3時間と時間の幅が広いので、内容の取捨選択は悩みどころ。いずれにしても、この講座を一番楽しみにしているのは講師である私です。

机の上と録画用レコーダーとの共通点

偏見かもしれませんが、職場の机の上に書類が山積みになっている人は、もしかして、もしかして、もしかしてテレビ録画用のレコーダーが一杯になっていないでしょうか。もちろん、そうでない人もいると思うのでご容赦ください。これは整理が苦手というより「決断」ができない人の傾向で、万事がこの調子なはずです。

購読申し込み