日刊メルマガ
「優先順位のツボ」MAILMAGA

優先順位が変わると人生が変わります。
「仕事」「趣味」「子育て」と自らの体験をお伝えする日刊メールマガジンです。
ぜひご登録ください。

購読申し込み

バックナンバー

なぜ長期的なライフデザイン(戦略)が必要なのか。

小学生の女の子が将来なりたい職業の上位にくるのが、ケーキ屋さん。経営したいというより、洋菓子職人(パティシエ)になりたいということでしょう。実際に、専門学校に進学し、その夢を実現する人はいます。しかしながら、早期離職する人は多く、結果的にその道を目指す人が以前と比べると少なくなっているのが業界の課題でもあるようです。

未来の(8年後の)あるべき姿を描き直しています。

2017年に思い描いた5年後の理想像。達成した部分もあり、若干の軌道修正もあり、立っているステージが変わったので、描き直しています。「自由に生きる」というテーマは継続しながら、タイムマネジメントを(特に学校現場に)全国に広げる活動をしていき、6月10日の「時の記念日」に全国の小中高校で授業が行われるということを目指しています。

手を止めて考える(整理)時間を確保する意義

特にこの数週間は忙しかったので、頭の中を整理する時間が必要でした。やらなければならないタスクが増えたことで、漏れが無いように、そして優先順位を間違えないようにしなければなりません。それには、やはり、どこかで一度手を止めて、整理をする必要があります。走りながら(日常の業務をしながら)では、ミスをする確率が上がるのです。

保育業界が取り組むべき労働環境3つの改善

2019年の出生数は約89万4千人。明治13年以降、約140年振りに90万人を下回りました。このような少子化が急速に進む中、保育士の求人倍率は、他の職種と比較しても高い水準で推移しており、どの園でも保育士不足で頭を悩まされています。当然、保育現場でも働き方改革を進めていかなければなりません。

ルールを守らない人のタイプ別3つの対処方法

スポーツでも仕事でも、最初にやることは全体像を理解することです。これにはルールや条件も含みます。まあ、野球なんて始めた頃は、投げて、打って、ああ楽しい。これで十分なので、細かいルールを覚える必要はありませんが、それでも、基本的なルール、例えば打ったら左回りに走るぐらいは理解していないと、メチャクチャになるので逆に楽しくありません。

ガントチャートが挫折する理由と使いこなすコツ

プロジェクト管理に便利なガントチャート。横軸は日付、縦軸にはプロセス分解したタスクを記入し、タスクごとの予定作成や進捗を確認することができるスケジュール管理のツールです。私のように講演や研修が多いと、それぞれがプロジェクトであって、ガントチャートを使うと進捗管理ができるかなと思い、作ってみましたが、なぜかうまくいかない。私自身の能力が無いこともあるでしょうが、理由がわかりました。

娘がネコを拾ってきました。

娘が子ネコを拾ってきました。学校の帰りに民家の車の下で泣いていたそうです。子供あるあるですね。首輪をしておらず、親ネコが近くにいなかったので、可哀想になって連れて帰ってきたとのこと。「お父さんどうしよう」と言われても、かなり衰弱しているようなので放置するのもどうかと思い、近くのホームセンターで買ってきた猫用のミルクを飲ませたら、ゴクゴクと飲んでいました。

購読申し込み